Healthy, safe and delicious food is our passion!

  • Login

    MY-KITCHEN Account

    Remember Me
    Lost your password?
    Not a member yet? Register now

トマトの栄養と効果について

トマトは南米ペルーが原産のナス科の野菜です。 16世紀にイタリアに渡って、ソースの材料として使われるようになり、ヨーロッパ各地に広まりました。 日本にも江戸時代にはすでに入っていましたが、当初は実の鑑賞用とするのが目的でしたが、食用として用いられるようになったのは明治以降のことです。 昭和になると誰もがトマトを食べるようになり、生産量が増え品種もさまざまなものが登場するようになりました。 和名も、はじめは唐柿。それが珊瑚樹なすとなり、赤なすへと変わりました。 品種には薄赤く(黄色く)熟す桃色トマトと、まっ赤に熟す赤色トマトがあります。 従来日本で食べられていたのは桃色トマトで、赤色トマトのほうは、主にケチャップや缶詰など加工品用に利用されていました。 しかし近年では、赤色トマトも生食用として人気が高まっています。 赤色トマトは、桃色にくらべると皮がかたく、果肉が練密で甘みも強いのが特徴です。 トマトは一年を通じて出回っていますが、旬はやはり夏です。 とくに7~8月、店頭に並ぶ露地もののトマトは、ハウスものにない自然の味が魅力的です。 西洋のことわざに「トマトが赤くなると医者が青くなる」というのがありますが、これは、トマトを食べていれば病気にかからないという意味で、それだけ機能性の高い成分を含んでいるということです。 昔からこのように広く庶民の間で、健康野菜として認知されていました。 トマトで特に目立つ成分はリコピンです。 赤く色づくほどリコピンは多くなり、また高糖度のトマトほど多いです。 リコピンの抗酸化作用はβカロテンの2倍ありガンや動脈硬化の予防にも役立つとされています。 リコピンには、トランス型とシス型の2タイプがあります。 一般のトマトにはトランス型が多く、このタイプは生では吸収されにくく、油に溶かしたり、加熱調理すると吸収率が向上します。 近年、オレンジ色のトマトには、生でも吸収されやすいシス型が多く含まれていることがわかり、注目されています。 トマトに含まれるβ-カロテンは抗酸化作用があり、皮膚や粘膜の健康を保って感染症を予防します。 また、トマトにはクエン酸やリンゴ酸も多く含まれていて、消化促進効果があります。 調理用トマトには、うまみ成分のグルタミン酸を多く含み、加熱することでとても美味しくなります。   トマトの選び方・保存方法 トマトには様々な種類がありますが、一般的に丸く手のひらにのせた時、ずっしりと重みのあるもの、ヘタがピンと逆立っているものを選びましょう。 鮮度はヘタで見分けます。 緑色でピンとしているものを選ぶと良いでしょう。 しおれていたり、黄色くなっているものは鮮度が落ちた証拠です。 皮につやがあり、丸みがあってよく張っていて、お尻に放射線状のはっきりとした線が均等に入っているものを選びましょう。 形が角張っているものは、中に空洞ができていることがあります。 生で保存保存する場合は、ヘタを下にしてラップやポリ袋に入れ冷蔵庫の野菜室で保存します。保存適温は7~10℃です。 青みの残っているトマトは、室温に置けば自然に熟れてきます。 青いものは未熟なので、室温で風通しの良いところで追熟させます。 冷凍保存する場合は、よく水洗いしてヘタを取り、水をよくきります。 解凍すると、サラダ以外の調理で利用でき、皮もむきやすくなります。   トマトの栄養素を引き出す調理法 油でサッと炒めてとろみをつければβ-カロテン&ビタミンCの吸収力UP トマトの栄養素はリコピンが有名ですが、β-カロテンやカリウム、ビタミンCも豊富です。 β-カロテンには免疫力を高める働きや皮膚、粘膜の健康を保つ働きがあります。 また、カリウムにはむくみ解消が期待できます。 β-カロテンは熱に強く、油で炒めると吸収力が高まりますが、カリウムは水に溶け出し、ビタミンCは熱に弱いので、油で短時間で炒めて片栗粉でとろみをつけ、水分も一緒に取ることが望ましいです。     【参考資料】http://kenkou-tabemono.info/index.php?%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88%E3%81%AE%E6%A0%84%E9%A4%8A%E3%80%81%E5%8A%B9%E8%83%BD%E5%8A%B9%E6%9E%9C  

More »
Tomato Nutrition Facts

  Botanically, tomato belongs to Solanaceae or nightshade family of common vegetables, which also includes chili peppers, potato, eggplant, etc. Its scientific name is Lycopersicon esculentum. Many hundreds of cultivar varieties with different type and size, either organic, hybrid or genetically modified are being in use. Most cultivars produce red fruits; however, some cultivars with […]

More »
Watermelon Nutrition Facts

The watermelon is a large fruit, known scientifically as Citrullus lanatus. It originates from southern Africa, and is related to cantaloupe melons, zucchinis, pumpkins, and cucumbers. Watermelon is packed with water and nutrients, contains very few calories, and is exceptionally refreshing and juicy. It is also a good dietary source of both citrulline and lycopene […]

More »
すいかの栄養と効能について

●スイカは疲労回復と利尿作用がある カリウムが果肉や種子に多く含まれ、疲労回復や利尿作用があるとされています。夏の暑さで衰えた身体に優しく、夏バテに効果がある食材の一つです。 ●赤肉スイカはカロティンの宝庫 赤肉すいかの色素にはβカロテンとリコピンが大量に含まれています。βカロティンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。また、リコピンは、活性酸素を減らす働きがあり、老化予防に効果的と言われ、更に呼吸器系の免疫力を高めるともいわれています。 ●血流を改善するシトルリン スイカには血流を改善するシトルリンという成分がふくまれているそうです。ただ、このシトルリンは200g以下の未熟果の方が2~3倍多く含まれていて、血圧抑制効果がある事が分かっています ●ウリ科スイカ属 (英)Water Melon 原産はアフリカで、中国より西の方から伝わったウリであるため「西瓜」と呼ばれるようになったそうです。「スイカ」という名前も外来語のひとつのようなもので、中国でのサイクワァから訛ってスイカになったのだそうです。今ではすっかり日本の夏を彩る果物になっていますね。 ●スイカは果物?野菜? スイカはつる性の瓜科植物なので、本来であれば野菜の扱いをされるべきなのですが、皆さんがそうであるように食べ方から見ると果物ですね。という訳で、園芸分野では野菜として扱われますが、市場や栄養学上では果物として扱われています。メロンもそうですね。   ■スイカ(西瓜/すいか)の種類 スイカには色々なタイプがあり、多くの種苗会社から様々な品種が開発され販売されています。特長によって大きく分けると下記のような違いがあり、それぞれを組み合わせた品種が栽培されています。 ●大玉と小玉 スイカにはその果実の大きさによって大玉種と呼ばれるものと小玉種と呼ばれるものがあります。小玉スイカの代表的なものには「ひとりじめ」シリーズや「うり坊」などがあります。 ●赤肉種と黄肉腫 中の果肉の色は一般的な赤いものだけでなく、黄色いものやオレンジ色のものなどもあります。 ●球形と長楕円型 形によって一般的な球形のものと、ラグビーボールのような長楕円形のものがあります。 ●表皮の模様 一般的にスイカといえば表皮に縦縞の模様が入っているイメージですよね。でも縞模様が分からないくらい全体に色が黒っぽい「でんすけ西瓜」で知られる黒皮種と呼ばれるものや、模様がほとんど無い緑色のもの、また、独特の細かい模様が入ったものなどがあります。 また、中が赤肉で、外皮の色が綺麗な黄色いスイカもあります。形が綺麗な球形をした「太陽」や「ミニ太陽」、「愛娘ひなた」の他、長球形の「金のたまご」などがあります。   ■甘くて美味しい西瓜(すいか)の選び方 ●スイカの糖度 スイカは収穫されるとその時点で成長が止まり追熟はしないので、買う時点でしっかりと熟した甘いものを選ぶ必要があります。近年は出荷元やスーパーなどでも糖度を測って表示している所が多いので参考にすると良いでしょう。12度以上なら甘いスイカです。13度以上なら間違いなく美味しいですよ。ただし、あくまでも糖度についてです。熟しすぎの場合もあるので注意してください。 ●スイカは叩けば分かる!? スイカは昔から手のひらでパンパンと叩いて、その音で見極めるとよく言われてきました。昔は甘さよりも熟し度が重視されていたからなんです。 よく完熟したスイカは叩くとボンボン(BonBon)と澄んだ音で響きます。これが未熟だとポンポン(PonPon)と高い音がします。また熟しすぎている物は低い音ですが鈍く潰れたようなボタボタという音になります。でも、これ、慣れた人にしかなかなか聞き分けられないんです。 ●ツルの付け根がくぼんでいるもの スイカは熟すとツルの付け根の部分が少しくぼみ、その周りが盛り上がったような形になります。その部分がへこんでおらず、まるい球状の表面に軸が出ているような物はまだ未熟なものなので避けてください。ツルが付いている場合は、ツルが緑色の物にしましょう。枯れている物は鮮度が落ちています。 ●スイカの模様とその表面がくっきりとして凹凸があるもの 一般的なスイカは薄い緑の表面に濃い緑の縦模様が入っています。この模様がはっきりとしていて、さらった時にかすかにへこみ、模様の無い部分が膨らんでいます。この凹凸がはっきりしているほど良く熟し甘味が強いスイカの傾向があります。 ●お尻のへその部分が大き過ぎず、小さすぎないもの お尻のへそは熟すにつれて大きくなります。小さすぎるものはまだ未熟な可能性があります。また、5円玉より大きい物は熟しすぎの可能性が高いです。   ■美味しく食べるための西瓜(すいか)の保存方法 ●スイカは買ったら早めに食べてください スイカ(西瓜)は追熟せず、劣化が早いので、買ったらすぐに食べた方が良いですよ。 ●まるのままのスイカは冷蔵庫に入れないで スイカ(西瓜)は冷やし過ぎると甘味が弱まり美味しさが半減してしまいます。丸ままのスイカは風通しが良く、比較的涼しいところに置いておきましょう。 カットされた物は傷みが早いので冷蔵庫に入れておきますが、早めに食べましょう。 スイカは8℃から10℃位が最も美味しく感じ、それ以下の温度に下がると甘味がどんどん減ってきてしまいます。 ●スイカの冷凍保存 スイカは水分が多く、生食する場合は冷凍保存に向いていません。ただ、スムージーやシャーベットに使うのであれば冷凍する事が出来ます。その場合は、冷凍庫から出してすぐに使えるように、皮を切り落とし果肉だけの状態にしたうえで、ボールの中で潰して種も綺麗に取り除いたものをジップロックなどの保存袋に入れ、平たく伸ばした状態で冷凍しておくと便利です。   ■西瓜(すいか)の美味しい食べ方 ●スイカの冷やし方 スイカは冷やし過ぎると甘味が半減し美味しくなくなってしまいます。なので、食べる直前に冷やすようにしましょう。丸のままの場合は、バケツや桶にスイカを入れ、スイカの上にタオルなどを被せて水道水を垂らすようにします。井戸水があればなおよしです。 キャンプなどではよく川にスイカを浸けておいたりしますよね。あれが一番美味しい食べ方です。スイカは8℃から10℃が最も美味しく感じる温度だそうです。冷蔵庫に入れる場合も、直前1時間ほど前に入れるようにしましょう。 ●スイカは中心部が最も甘い スイカは中心部分が最も甘く、皮に近づくにつれ糖度が下がっていきます。切る場合は、甘い部分がみんなにいきわたるように、中心部分から放射状に切ると良いですよ。 ●全部食べられます スイカはほとんど余すとこなく食べられます。果肉はもちろんですが、通常捨てがちな皮の部分も、昔から漬物にしたり、煮物にすれば食べられます。煮物にすると冬瓜のような味、食感になります。 […]

More »
Bell Peppers Nutrition Facts

Bell peppers are the fruits of certain plants from the nightshade family. They are related to chili peppers, tomatoes and breadfruit. Also called sweet peppers or capsicums, bell peppers which are eaten as vegetables, either raw or cooked. Like their close relatives, the chili peppers, bell peppers are sometimes dried and powdered. In that case […]

More »
ピーマンの栄養と効果について

ピーマンの豊富なビタミンCが風邪予防や疲労回復に効果大! ピーマンは、中南米が原産の、とうがらしの一種です。 コロンブスによってヨーロッパ各地に広められ、日本には仙台藩の支倉常長が持ち帰ったのが最初といわれています。 甘昧種が入ってきたのは明治になってからですが、現在のように広く栽培されるようになったのは戦後になってからのことです。 ピーマンの語源はフランス語の「ピマン」で、「とうがらし」という意昧です。 トマトなどと同じくナス科の仲間であるピーマンは、そのトマトの4倍にもなるたっぷりのビタミンCを含む健康野菜です。 生のままサラダにして食べるのが理想的ですが、青くささがいやだという方は、煮物や妙め物に使うといいです。 とくに油との相性がいいので、ソテーやピーマンの肉詰めなどにするとおいしくいただけます。 中華料理のチンジャオロースーは、ピーマンと細切り肉をうまくマッチさせ、油との相性じょうずに生かした料理といえます。 年間を通じて流通していますが、味がいいのは夏場です。 ピーマンを買う際のポイントは、色が濃く、つやと張りのあるものを選びます。 とくに切り口を見て、みずみずしさをチェックしましょう。 形が少々いびつであっても味には差がありません。 保存する際は、ラップをして冷蔵庫で保管します。   ピーマンの注目成分 ビタミンC、フラボノイド(ビタミンP) ピーマンの主な栄養成分(可食部100gあたり) カリウム・・・190mg β-カロテン・・・400μg ビタミンC・・・76mg ビタミンE・・・0.8mg 食物繊維・・・2.3g   ピーマンの栄養と効能 ピーマンの栄養価はひじょうに高く、夏場の緑黄色野菜として、大いに活用していただきたい食材です。 緑、赤、黄色の3種類がありますが、緑と赤は同じもので、未熟なものが緑色で、完熟すると赤色に変わります。 黄ピーマンは、また別の品種です。 ピーマンが栄養的にすぐれているのは、ビタミンAとCが豊富に含まれていることです。 ビタミンAは100g中150IUとトマトと同等、Cは100g中80mgと、レモンの2倍近い含有量を誇っています。 その他ビタミンは、B1、B2、D、Pを含み、鉄やカルシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。 ピーマン独特の緑色は葉緑素によるもので、熟すにしたがってカプサンチンという赤色色索が増えて変色します。 野菜の不足しがちな夏場は、ピーマンを大いに食べると良いでしょう。 夏バテを防ぎ、疲労回復に効果を発揮します。 これはピーマンに含まれるビタミンAやCが、細胞の働きを活性化してくれるからです。 夏かぜの予防にも、ピーマンを常食していれば完壁です。 油で妙める料理に使えば、スタミナ源も十分とれ、ビタミンAの吸収率を高めてくれるので一石二鳥です。 ピーマンに含まれているビタミンPは、ビタミンCの吸収を助けるビタミン様成分で毛細血管を丈夫にし、葉緑素が血液のコンステロールを掃除してくれるので、常食すれば血管や血液の浄化に力を発揮します。 また、ビタミンCは脂肪の代謝を促し、血中の脂肪を除いてくれますので、高血圧や動脈硬化の人には、最適な野菜の一つといえるでしょう。 このほか、お肌の美容にも効果的です。 ビタミンCがシミ、ソバカスなどメラニン色素の沈着を防ぎ、同時にビタミンDが血行をよくして肌を滑らかに美しく保ちます。 ピーマンの選び方・保存方法 ヘタの切り口が瑞々しく、黒ずんでいない。 ヘタや皮にハリがあり、緑が濃くて光沢がある。 肉厚で弾力があり、肩が盛り上がっているものを選びましょう。 保存する際は、1個ずつ新聞紙で包み、ポリ袋に入れて袋の口を軽くとじ、野菜室で保存します。 切ったものは種とワタを取り除き、ラップに包んで冷蔵(保存期間はまるごとは3週間、切ったものは3日間程度) ピーマンの栄養素を効果的に引き出す調理法 ピーマンのビタミンCは熱に強いのが特徴 ビタミンCが豊富なピーマンの特徴は、ほかの食材のビタミンCより熱に強いことです。 そのため、炒める、揚げるといった加熱料理が向いています。 またピーマンは、β-カロテンやビタミンEも豊富で、これらは油と合わせると吸収力が高まるので、調理するなら油炒めが最適です。 ただし、組み合わせる食材の栄養素が損失しないようにピーマンを千切りにするなどして、火が通りやすい下地処理が必要です。   【参考資料】http://kenkou-tabemono.info/index.php?%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%A0%84%E9%A4%8A%E3%80%81%E5%8A%B9%E8%83%BD%E5%8A%B9%E6%9E%9C […]

More »
牛蒡の栄養と効果について

野生のごぼうは、ヨーロッパ、シベリアから中国大陸にかけて広く分布していますが、根の部分を食用にするのは日本だけという変わった根菜です。 日本に伝わったのは、そうとう古く、平安時代には、宮廷の献立にごぼうが使われていたそうです。 関東から出荷される滝野川ごぼうや京都の堀川ごぼうなどが有名な品種です。 ごぼうは、食物繊維の代名詞とも言われるほど含有量が多いです。ごぼうの食物繊維は、腸内環境を整え肌荒れや便秘の予防に大きな効果が期待できます。   ごぼうの注目成分 食物繊維(リグニン・セルロース)   ごぼうの主な栄養成分(可食部100gあたり) カリウム・・・320mg マグネシウム・・・54mg カルシウム・・・46mg 鉄・・・0.7mg 食物繊維・・・5.7g   ごぼうの栄養と効果 ごぼうを栄養面から見ると、成分の8割が水分で、ビタミン類はあまり含まれていません。しかし、それを補って余りあるだけの食物繊維の効能があります。 食物繊維は、腸の働きを整えたり、コレステロールをコントロールしたりする重要な作用を持っています。 近年では、発がん物質など有害物質を体外に排泄する機能があることがわかっています。 ごぼうには、1.8%の繊維が含まれているので、便秘の人が常食すれば、症状の改善が期待できます。食物繊維が、腸を刺激して蠕動運動を活性化させ、便通を浴するのです。 また、ごぼうには利尿効果もあるので、体がむくんでいるときに食べると、体の余分な水分が尿になって排泄され、むくみを解消します。 ごぼう特有のシャキシャキした歯ざわりは、イヌリンという炭水化物によるものですが、このイヌリンに腎臓の機能を高める効果があります。 ごぼうを常食すれば、便や尿や汗といったいろいろな形で、体内の毒素を排泄してくれますので、血液が浄化され、肌も美しく保たれます。 便秘などによる吹き出物、肌荒れに悩んでいる人は、お肌のトラブルの解消が期待されます。 ごぼうは、低カロリーでありながら、ミネラルなどの成分が多く、食物繊維には、血糖値の上昇を抑える効果もあります。 ごぼうの選び方・保存方法 根元のひび割れがなく、先端がしおれてない。 ハリや弾力があり、太さが均一。 ひげ根が少ない。 洗いごぼうは鮮度が落ちやすいので、泥つきを選ぶ。 洗いごぼうの保存方法は、ポリ袋に入れ、袋の口を軽くとじ、深めの容器に入れ、冷蔵室で立てて保存(保存期間は1週間)。 泥付きのごぼうは、冷蔵庫に入る長さに切り、泥が付いたまま新聞紙に包み同様に保存(保存期間は1カ月)。 ごぼうの食べ方 皮は包丁の背でこそげるか、金属タワシなどでサッとこする程度で調理したほうが、風味を逃がさないので良いでしょう。 ごぼうは切って空気に触れると、黒く変色します。 切ったらすぐに水に浸し、全部きり終わったら水気を切って調理すると良いでしょう。 白く仕上げたいときには、酢水に浸すと良いでしょう。 ごぼうの栄養素を効果的に引き出す調理法 油で炒めてから煮物に!煮汁まで食べて栄養素をまるごと摂取 ごぼうは、血圧下げる作用があるカリウム、骨の生成に必要なカルシウムも豊富です。栄養価の高い皮も一緒に調理するように心がけましょう。 煮物にして煮汁も食べれば、溶け出したカリウムも摂取できます。食物繊維は油と一緒にとると便のすべりがよくなるので、炒めてから煮物にすると、さらに効果的です。   【参考資料】http://kenkou-tabemono.info/index.php?%E3%81%94%E3%81%BC%E3%81%86%E3%81%AE%E6%A0%84%E9%A4%8A%E3%80%81%E5%8A%B9%E8%83%BD%E5%8A%B9%E6%9E%9C

More »
Burdock Root Nutrition Facts

Burdock root is a very versatile vegetable. You can use it to make burdock root tea, take it in supplement form, or eat it as a vegetable. It has a pleasantly crunchy texture with an earthy and sweet flavor that is like celeriac or lotus root. Burdock root belongs to the Asteraceae family and has […]

More »
Grapefruit: Nutrition Facts

Grapefruit is a popular citrus fruit that is a terrific source of vitamins, fiber and other nutrients. Grapefruit is also known for its antioxidants and immunities- boosting capabilities as well as its digestive and cholesterol lowering benefits. Grapefruit gets its name from the way it grows (on tree branches in grape like clusters), according to […]

More »
グレープフルーツの栄養効果について

れっきとした柑橘類なのに、名前がグレープ(ぶどう)フルーツというのは、ちょっとへんな気もしますが、これは一説には、甘い香りがブドウに似ているためと言われています。 また、実がなる形が、ちょうどぶどうの房のようになって垂れ下がるからだとも言われています。 原産は西インド諸島で、文旦(ブンタン)とオレンジの雑種が自然に交配してできたものです。 それが19世紀になってアメリカのフロリダに渡り、しだいに栽培されるようになって広まりました。 いまでは生産される60%以上がアメリカ産です。寒さに非常に弱い品種なので、残念ながら日本での栽培は向きません。 味は、さっぱりした甘みと、ほどよい酸味がありますが、果汁に少し苦みの感じられるところが特徴で、この苦みの正体はナリンギンという成分です。 グレープフルーツは、そのまま半分に切って、スプーンですくって食べるのが、いちばん簡単で良いですね。 そのままでは酸味が強いと感じる場合は、砂糖を少しかけたりするとおいしくいただけます。また、しぼってジュースにして、ハチミツなどを加えて飲むのも良いです。 旬は春先から初夏にかけてです。 とくに4~5月ころは輸入量も増え、味もいちばんおいしい時期を迎えるので、お勧めです。 購入する際の注意ポイントは、手に持ってみて十分な重みが感じられ、ずっしりと中身が充実していて、皮に張りがあるものを選ぶと良いです。 グレープフルーツの栄養素と効能効果 グレープフルーツを栄養の面から見ると、レモンやオンンジなどの他の柑橘類とほぼ同様の成分を含んでいますが、その中でもっとも大きな特徴は、ビタミンCの含有量が豊富なことです。 グレープフルーツー個には約160ngのビタミンCが含まれているので毎日半分ほど食べれば、1日の摂取必要量を十分摂ることができてしまうほどです。 ビタミンCを豊富に含むグレープフルーツは、疲労回復や二日酔いの翌日に最適な果物です。ビタミンCが弱った肝臓の働きを助け、解毒作用を促進してくれます。グレープフルーツは糖度が低いので、毎日食べても太る心配が少なく、ダイエット中のビタミンCの摂取には、レモン同様、ベストな柑橘類といえます。 水溶性のビタミンCを無駄なく摂取するには、生で食べるのが一番です。消化酵素の豊富なパイナップルや整腸作用のあるリンゴなどと合わせて胃腸に優しいグレープフルーツのサラダにするのも良いですね。 ドレッシングの代わりに、プレーンヨーグルトで和え、繊維も豊富なサニーレタスと一緒に食べれば美容にも効果的です。 寝つかれない夜には、温めたグレープフルーツジュースを試してみると良いです。神経が安まり、自然な眠りを招くといわれています。   【参考資料】 http://kenkou-tabemono.info/index.php?%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84%E3%81%AE%E6%A0%84%E9%A4%8A%E3%80%81%E5%8A%B9%E8%83%BD%E5%8A%B9%E6%9E%9C  

More »
« Older Entries